ドナーミルクが必要なときは

ドナーミルクが必要なときは


1 ) 緊急で必要な場合 



未承認薬緊急使用と同様な手続きで可能な施設が多数です。
一人承認が得られると、次からは申請なく利用できるという施設も散見されます。
※この場合ものちほど厚生労働科学研究費補助金事業でデータベース登録をお願いします。

2 ) 今すぐに必要ではないが、今後、必要なときのために準備したい 



厚生労働科学研究費補助金事業でデータベース登録があります。
ぜひ、倫理審査が必要かどうかもあわせて、事前に担当部署にご確認いただけますと幸いです。

3 ) 経腸栄養の標準化にドナーミルクを使う場合 



厚生労働科学研究費補助金事業でデータベース登録があります。
ぜひ、倫理審査が必要かどうか、事前に担当部署にご確認いただけますと幸いです。

注:本年6月30日に新倫理指針が出されることから、各施設におかれましては、
  今後データベース記入に関する倫理審査は不要となると考えられます。

ドナーミルク(DHM)利用開始マニュアルダウンロード

DHM利用開始マニュアル(第1版)全部.pdf
ダウンロード

倫理審査書類ダウンロード

2714審査結果通知書.pdf
ダウンロード
研究計画書2021年6月承認.pdf
ダウンロード
審査申請書2021年6月承認.pdf
ダウンロード

次のステップ

  

  • <ご依頼時のお願い>
    当日発送可能なオーダー時間は、運送会社への依頼の関係もあり12時までとさせていただきます。
    緊急の場合のみ、午後3時までに070-1345-1983(日本母乳バンク協会)にお電話いただけましたら1-2日分を配送いたします。
    その後のドナーミルクはあらためてオーダリングから追加オーダーしてください。
    ストック分として期限の長めのものをご希望の場合は、備考欄にてお知らせください。
  • ・JASMINE研究参加施設様 > ※研究に参加されていない施設様は一般のオーダリングシステムよりご依頼ください。
    JASMINE研究参加施設様はJASMINEオーダリングシステムからご発注ください。
  • ・一般の施設様(会員・非会員)>
    一般の施設様向けオーダリングシステムからご発注ください。

なお、ドナーミルクの発注にはオーダリングシステムへの登録が必要です。
システム閲覧用のログイン情報をお知らせしますので
下記フォームからお問い合わせください。

※お問い合わせのリンクは下記
https://jhmba.or.jp/info.php

容器は 30ml・80ml・150mlの3種類あります。
土日に受け取り可能かどうか確認しておいてください。

なお、施設と年間契約していただけますと配送費無料、かつ、配送用の保冷箱の返却も不要になります。
※年間契約がない場合は、着払いで配送しており、また、保冷箱を返却していただいております。また、年間契約なしでドナーミルクを提供するのは、児の状況により緊急に必要な場合(病院との契約手続きが間に合わない場合)に限らせていただきます。

母乳バンク会員制度のご案内


2020年9月に日本母乳バンクがオープンしてから、多くの施設に会員になっていただきました。

昨年度は3000万円を超える支出となりました。
企業からのサポートは2021年度激減しており、今後も安定してドナーミルクを配送するためには、
寄付ではなく施設との契約が欠かせません。

昭和大学病院のデータではドナーミルクを用いた経腸栄養の標準化により、静脈栄養期間が有意に短縮しており、
病院支出の減少にも寄与すると考えております。

また、施設によってはドナーミルク使用に対して
入院時食事医療費(1日1960円)を算定されているところもございます。
ぜひ、年間契約をご検討いただきますようお願い申し上げます。

非会員であっても、緊急時には無償提供いたします。ただし、配送費は着払い、
また、保冷箱は返却をお願いしております。

会員規約・入会申込書DL
趣意書寄附2021 DL

TOP